心が躍るエンターテインメントを創出する H.D.P.

Glass ストーリー

全知全能なる森羅万象の創造者『主』。
主は自らの意思の具現者である【聖なる者】にある意思を伝える。
それは単純明快にて唯一絶対自明の意思「人間という種族の破滅」。
聖なる者はその意思を忠実に実現するため、
人間たちが住まう地上へ向かおうとするが、 そこに立ちはだかる者が一人・・・それは主の意思の伝達者の一人であるはずの 至聖『アルデア』だった。
ここから【聖なる者】【邪なる者】【人間】【落獣】という各界の頂点に立つ種族の生き残りをかけた 伝説の戦いが切って落とされることになる。

時はそれから幾ばくか遡る・・・・・・。

【聖なる者】と【邪なる者】の間に生まれた最初で最後の存在『ティネア』。
彼女は天上界で忌む者として、その存在すら認識されることはなかった。
たった一人の肉親で拠り所だった母親イオカテを失い、
悲嘆に暮れる彼女が次に気がついた時、
目の前に広がるのは境目の見えない茫漠たる荒野と、
得体の知れない生物の群れ・・・。
そこは本来聖なる者が立つことなどない忌み蔑められる場所だった。
彼女は果たして人間たちの住む地上で
自らの居場所を見つけることができるのだろうか・・・。

twitter

PAGETOP
Copyright © H.D.P. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.